スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本荘市 麺饗松韻 限定

2012年以来、4年ぶり2度目の麺饗松韻の冷やしです。券売機では『限定』となっておりまして、店内に限定麺の紹介は貼ってありましたが、今年の正式な名称を確認してくるのを忘れちゃいました…。




写真の印象もあるかとは思いますが、今年のは茶色が薄めですね。今年は鰹を強調したとの事です。また個人的な感想ですが冷やし加減も柔らかめな感じがしました。冷やし過ぎて無い分、出汁感を感じられるというか。
一応冷麺職人をやってたオラから言わせて貰いますと、一般的な盛岡冷麺のスープって結構しっかりとした味があるんです。ギンギンに冷やしてあるためにあまり感じないだけで。
その辺をしっかり狙ってやってくる点も、オラがこのお店が大好きなポイントだったりします。

麺もまたコダワリの逸品で、自家製かつ専用麺です。全粒粉っぽい黒いツブツブが見える麺でございます。
茹で上がりでしっかり水で締めてあるので、歯ごたえと香りを楽しみつつ。

メンマ2種類とチャーシューはレギュラーメニューと共通だと思いますが、本荘で「親鶏」と呼ばれる固めの鶏肉とネギは専用品だと思います。
そもそもこの親鶏ですが、本荘市の某有名店が出汁を取るのに使った鶏肉を醤油であまじょっぱく煮込んだものをTPとして使ったのが最初…だったのかな?と聞いております。某有名店の支店で調理をしていた方が開店したお店でも別皿で頼めますし、矢島町の多賀部食堂でも中華に乗っかってます。
また他のお店でも某有名店リスペクトとして商品化されております。オラはあんまり行く気がしないのですが、やはり某有名店なだけあり凄いなぁ…。

某有名店スノッブの間では「夜通し飲んで、S吉で親鶏煮込みでビールを飲みつつ朝ラーで〆る」のが通と言われていたようです。朝ラーって今では広まって来た感がありますが、源流に近い所に某有名店もあるんですね。

絶賛!話がとっ散らかっておりますが、元々出汁が目的だったものが、いつの間にか具として取り上げられ、冷やし専用の具として仕込む(もちろんスープにも使ってるとは思いますが)お店が松韻なのです。

開店して結構すぐの頃から忘れられない程度に通っているために、ご店主には顔を覚えて貰っております。そんな事もありご店主にはあんまり無理をして欲しくなく、体をいたわって長く続いて欲しいお店なのであります。

スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

本荘市 麺屋歩 らーめん

前回取り上げたMonchan Ramen Shunさんの『気温25℃以上の日限定の冷やし』が食べたくなり、入院している実家の祖母の見舞いがてら本荘へ。んで色々迷いつつ、何故か普通のラーメンを食べる気分になり、新店探検も併せて本荘市の麺屋歩(あゆみ)さんへ。
実は何回か駐車場にまでは行っているんですが、並びが出ていたために諦めていたお店でした。

メニューは今回紹介する「らーめん」に、豚と魚介を合わせた「豚魚(とんぎょ)」・豚と鳥を合わせた「鳥豚(とりとん)」、つけめんにまぜそばと幅広いラインナップ。トッピングも充実していますので、色んな楽しみ方が出来ると思います。

今回はオーソドックスならーめん。




うっすらと濁った感じのスープですがしつこさ・くどさは感じませんでした。生醤油っぽさもなくて飲みやすい感じ。鶏かなぁ…鶏ですよね、たぶん。

麺はストレートに近い縮れの中細麺で歯ごたえしっかり系。また伸びも少なめに感じました。量的にはオラがちょっと多いかな?と思ったので、普通の男性の方なら大盛でも良いかもです。

具です。薄めのチャーシューは今回のあたりが悪かったのだと思いますが、ちょっとパサパサな感じがしました。早めにスープにし埋めてあげればよかった…。
メンマは柔らかめで邪魔になるような味付けでもないので良い感じです。メンマ増しとかめったにやらないけど、次回お財布に余裕があったら挑戦してみようかしら。
ネギとカイワレは彩り的にも良いですね。レモンも個人的には好印象。ノリはへこたれるのが早めなものと見ましたので、早めに食べときました。

こちらは以前に桜花飯店さん→琥次郎さんが営業していた場所でお店自体が凄く綺麗です。内装はほぼそのままですが綺麗な所もしっかり受け継いで営業しているのが好ポイントで、テーブルも小上がりもゆったりしてるのでお子さん連れでも、女性一人でも入りやすいと思います。

飲食店は綺麗なのが良いじゃないですか。小汚いんだけど旨い店ってのも悪くないけど、どうせなら綺麗なお店の方が入りやすいし、良いお店なら長く続いて欲しいと思うのが人情ですよ。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : 醤油

本荘市 Monchan Ramen Shun 中華醤油

久しぶりだと、設定が変わってたりして戸惑いますね。戸惑う位ほっとくブログもどうかとは思いますが…。

随分と放置が続いている我がブログですが、たまには里に降りてラーメンを食べております。
最近のお気に入りはコチラなのです。




本荘市はmonchan ramen shunさん。打ちにくい…。

元々は本荘市のぼんずさんで店長さんをしていた(だっけ?)方です。ぼんずさんは本荘市に『ジロウ系』を持ち込んだお店で、まぜそばとかつけ麺とか色々と新しい風を吹かせたお店です。新しい仕掛けも面白いんけど、オラとしてはこのお店の王道になってるメニューに惹かれております。

今回ご紹介したい『中華 醤油』。写真では味付け卵をトッピングしております。

スープは甘みを一番に感じます。ベタリとしたしつこいお砂糖の甘さと違う感じの、いくらでも飲める感じのあまさ。甘さの後に醤油の味わいがあって、しつこさは全くないんです。
毎度困るのが、一発目にスープを飲み過ぎて後半戦で麺を食べるのがつらくなってしまい、子豚飯をオーダー出来ない事なのです。スープ飲み過ぎて、麺が残っちゃうみたいな。その位、このラーメンのスープは好みです。
醤油の香りがして甘めのスープって、オラは否定し続けていますが某S吉のスープに戻るんですよね。よーく考えると。矢島の多賀部食堂に通じるものもあるので人によっては合わない事もあるかもしれませんが、県外からいらっしゃった方も試してほしいです。

麺は細めですが噛んだ時の噛みごたえがあり、またあんまり伸びない印象があります。ジロウ系・中華系・限定で使い分けてるみたいですので、やっぱりこだわってますよね。

大判の海苔は香りが良いです。ナルトのってます。チャーシューは厚目ながらホロッとした食感。ネギもフレッシュな感じがして歯ごたえが良いです。
加えて、味玉は黄身がしっとりしつつ白身にはしっかり色がついております。何回行っても、この玉子のブレの無さは凄い!冷麺職人をやってたオラが言うんだから間違いないです。

最近は塩の方が好みですが、塩も甘みをもたせたスープでオススメです。久しぶりに醤油も食べたいなぁ。

紅ショウガを載せて軽くコショウを振って、最後は酢を回してフィニッシュ!

プロフィール

mamet(まめ)

Author:mamet(まめ)
カップ麺を食べてブログを書きます。
こんな感じのこです。
そして、カップ麺を通じて聖飢魔IIを布教するとか、しないとか…

オススメ本
カップ麺ブロガー必携の一冊。カップ麺ブロガーじゃなくても、カップ麺好きなら持ってて損はありません。 とかち麺工房さんへのインタビュウも面白い。そして美人だ!すげーぞ、麻布台さん!
オススメ本
ラーメンの人と言ったら石神さん。facebookなんかにもいらっしゃいまして、やはりかなりの数のラーメンを食べている様子です。そんな石神さんの著書。オラ、まだ読んでないですが面白そうです!
オススメ本
日清食品の二代目社長の安藤宏基氏の著書。創立者の安藤百福氏のエピソードや独自の会社組織図、日清の商品開発やマーケティングの裏側が興味深い一冊です。カップ麺好きが読んでも面白いし、ビジネス書的な側面もある本。面白いっす!
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
味別分類

辛い系 味噌 豚骨醤油  ご当地 トマト 醤油 魚介 カレー 担担麺 お店系 まぜそば 豚骨 煮干し とんこつ 背脂  家系 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。